ツーリングのお土産として「あかお」の「カレー焼き」を買ってきました。

小浜市に来たら絶対に「あかお」に立ち寄ることにしてます。
なぜかと言うと「カレー焼き」を 食べる/買う ためです!
CIMG4034.JPG
CIMG4038.JPG

バッキーが初めて「カレー焼き」を食べたのは宮津市のお店だったのですが、残念ながらすでにそちらは廃業なさっていて関西圏で「カレー焼き」を食べれるのは「あかお」ぐらいだと思います。
(近畿圏で言うなら、三重県津市にもカレー焼きのお店があります)

実は「こだま食堂」の前に「あかお」に立ち寄ってお土産用の「カレー焼き」15本(5本×3)をお願いしておいたんです。

もちろん、数本ていどなら焼けたものを買えますし、少し待って焼きたてを買う/食べることもできます。
しかし、数が多いときには前もって注文しておくと待ち時間も少なくお客もお店もお互いにスムースだと思います。

最初に「あかお」に立ち寄ったのが12時前、焼いてもらう時間、こだま食堂でがっつり食べる時間、若狭小浜お魚センターで美味しそうな魚を物色する時間を考慮して13時30分ごろの出来上がりでお願いしました。

ということで「こだま食堂」で名物の「わらじカツ丼」+蕎麦+カレーをガッツリ食べた後に再訪です。

お土産用の15本はすでに準備してくださっていて、それに加えて店内で焼きたての「カレー焼き」を2本食べてしまいました。(苦笑)
CIMG4035.JPG
CIMG4036.JPG

ちなみに、カレー焼きは少しピリっとした辛さですが、「クリーム」、「チョコ」、「あん」、「チーズ」といったバリエーションもあり、お子様でも大丈夫だと思います。
お値段は以前と比べると値上がりしてますが、それでも1本140円です。ずっしりと重みのあるカレー焼き、140円でもお得感満載ですよ。

15本のうち5本の包みは、ツーリングの帰りにいつもお世話になっているバイク屋さんに立ち寄って差し入れてきました。
残りの5本は家族で、そして最後の5本は今日の自分のお昼ご飯です。

尚、もっちりしたカレー焼きは冷めていても美味しいのですが、電子レンジで少し温めてからオーブントースターで2分ほど温めると中までホカホカ、外はパリっとしていて焼きたての状態になりますよ。
ひと手間かけて美味しくお召し上がりください。

P.S.
宮津でカレー焼きを販売していた「あかふく」はご店主がお亡くなりになってますが、カレー焼きの鉄板を譲り受けた方が「ととまーと」の「ととカフェ」でカレー焼きを復活させたそうです。
参考:https://totomart-miyazu.com/shop/totocafe/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック